フェアリーチェ(株)副社長の実家(長女)で、創業244年(江戸時代)から続く老舗の西大野商店(晴山吉三郎商店)で、なつかしさを残しつつ、なんかほっこりする、昭和レトロな空間にタイムスリップしに来ませんか♪

道の駅おおの、スーパーおおのでも販売しています。


<B>特集番組(NHK、IBC岩手放送)、ニュース(NHK、IAT岩手朝日テレビ、めんこいテレビ、IBC岩手放送テレビ)、新聞(読売,朝日,毎日,日経、岩手日報、デーリー東北、東奥日報、河北新報)で紹介されたお酒 南部杜氏秘伝書江戸復刻酒「國光正宗」はこちらです!



フェアリーチェ(株)では、【売上(原材料費等経費を除く)の一部は、岩手洋野町旧家晴山家(晴山吉三郎商店 西大野商店)にある歴史的建造物江戸時代築造の土蔵を後世に残し地域の歴史遺産及び子供たちの未来のための保存活動に寄付させていただきます。】

天保14年(1784年)に建造された当蔵は、天明の飢饉を憂い八戸南部藩の命を受け建造し、天保の大飢饉より地域の民衆を救うためにあわやひえを蓄え、その後、江戸の産業を支えた当地域の鉄山の労働者を慰労するための酒造りをはじめ、酒蔵、味噌蔵、大戦時には軍用倉庫、戦後は米集荷倉庫蔵として地域住民や県民、全国の食糧としてのお米の安定供給を支えてまいりました。

なおかつ度重なる震災、戦災を耐え、そして最大の危機、東日本大震災にも耐えた、地域や日本の歴史を伝えることができる現存する歴史的建造物として江戸時代建造で東北最大級の土蔵修復修繕の為、地域の歴史的文化財を守るための費用に充てさせていただきたく、南部杜氏秘伝書が見つかり江戸時代のお酒、純米酒「國光正宗」を復刻いたしましたので、ご支援いただけると嬉しく思います。


安永7年創業、江戸時代から続く老舗「晴山吉三郎商店(西大野商店)」にて、昭和初期まで醸造していた日本酒「國光正宗」を復刻しました。

江戸時代から続く土蔵を後世まで残したいという思いからスタートした江戸復活酒プロジェクト。
蔵から酵母菌を取り出して江戸時代のお酒を復活させようと、思い立った後、強い思いが通じたのか、偶然に100年以上経て「南部杜氏酒造秘伝書」が見つかり、NHKはじめ地方局及び全国マスコミ、メディアよりこの話題が紹介されました。

フェアリーチェ(株)では、地元を盛り上げたいとの思いで始めたプロジェクトが全国メディアに取り上げられ、822本限定で造った復刻酒が、あっという間に予約でほぼいっぱいになり、店頭販売分がなくなる勢いの人気をいただき、驚きと感謝でいっぱいです。

また、海外からのオファーもあり、国内分で完売状態なので、海外分は断っているほどの人気をいただいております。

※こちらは、令和4年第一回目仕込み限定品パッケージになります。

【江戸復刻酒 「國光正宗」※商標登録 の販売について】 

各メディアで話題に取り上げられております、「國光正宗」は、日本でも数少ない生産量の貴重なお米「自然栽培 亀の尾」を使っておりますので、酒造りに使う量が限られており製造量が少なく限定数量にて販売を行います。

※ 「西大野商店 國光正宗」で検索していただきますと各種記事が出てきます。

なお、FAXでのご注文も承っております。 FAX:0194-77-4575
ご注文の際は、1.お名前 2.お電話番号、3.ご住所、4.本数を明記の上ご注文下さい。
FAXの場合の代金は全て代金引換便のみで発送させていただきます。
価格はすべて代金引換便(税込)で「本数x5,000円+送料代引手数料1,500円」⇒◆1本/6,500円となります。

※【ご来店受取ご希望の方へ】お店(西大野商店)では現金払いのみです。 カード払いをご希望の際は、恐れ入りますが、ネットよりご注文をお願いいたします。

南部美人 南部杜氏秘伝書復刻 生もと純米原酒 國光正宗 化粧箱なし 500ml [岩手県][國光正宗のイメージソングFUKKOKU浪漫 三本木智子 リリース協賛価格 期間限定]

定価: ¥6,500(税込)
価格: ¥4,090 (税込 ¥4,500)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter



説 明 :150年以上前に書かれた 古文書である「南部杜氏酒造秘伝書」を旧家晴山家の長女(フェアリーチェ(株)副代表)が見つけ、この書を基に、同じ南部藩である「南部美人」さんに木樽にて秘伝書通りに醸造し、江戸時代のお酒が復活しました!

味わい:南部杜氏の知恵と技術が凝縮された秘伝書から作った、濃くて味わい深い江戸復刻酒「國光正宗」です。

江戸時代と同じ条件の木樽で仕込んでおり、江戸時代は冷蔵庫もなく冷却技術が乏しく、仕込み水を腐らせないため現代醸造法より約1/10の水で仕込んでいるので、アルコール分が高く、木樽仕込みならではのうっすらとした琥珀色で、ほんのりとやや甘口で華やかな香りが、いにしえの時に誘ってくれます。

【おススメの飲み方】江戸時代は冷蔵庫がなかったので、江戸時代はぬる燗や常温で飲むのが適しており、おススメは、江戸時代と同じ飲み方で、ぬる燗や常温で飲んでいただくとお酒に包まれるような、薫り高い味わいをよりいっそうお楽しみいただけますが、お好みでロック、冷やして、水割り、お湯割りと、それぞれにおいしく召し上がることができます。 冷やして飲む際は井戸水と同じ15度程度で飲むと良いとされています。

また、酸が強いので、1~3年ほど寝かせてからお召し上がりいただくと、更に深みのある味わいに変わります。

江戸時代のおもてなしは、ぬる燗で飲んでいたといわれているので、江戸時代の飲み方に習い、ぬる燗で飲むと、國光正宗の最高のポテンシャルを味わえます。


製造年月: 2022年8月

内容量 : 500ml  ※こちらの商品は化粧箱なしです。第一回目仕込み限定ラベル

玄米:亀の尾(自然栽培)

産地:青森県十和田市

仕込水:洋野町大野「元酒蔵 晴山吉三郎商店」井戸水使用

醸造方法:生もと、木樽寒仕込み、袋吊り※(ふくろつり)とは、搾りの際に醪(もろみ)を袋に詰めた状態で吊るして、圧力を掛けずに自重で1滴1滴の滴る酒だけを集める手法のことです。
圧力を掛けないため雑味が出にくいですが、手間が掛かり酒の収量は少なくなります。大吟醸や純米大吟醸などの最高級酒を品評会に出品するレベルの搾りで行われる手法ですので、大吟醸などと同レベルの品質と旨さが味わえます。

醸造者:南部美人(岩手県二戸市)

アルコール分 : 16%、酸度:1.9

アミノ酸1.4、日本酒度:-2.8 やや甘口

南部杜氏秘伝書:岩手県洋野町大野 晴山吉三郎商店(旧家晴山家)

受賞歴:明治14年明治天皇ご臨席、国家主催明治内国博覧会にて優功賞受賞

販売企画者:南部杜氏秘伝書江戸時代復刻酒プロジェクト

販売者:フェアリーチェ株式会社

酒類販売業免許 : 久慈調第3064号


南部杜氏秘伝書江戸時代復活酒プロジェクト 第3回目
南部杜氏秘伝書で江戸時代の日本酒造りにチャレンジする歴史ロマンプロジェクト!
3回目は絶えていた米を復活させ、いよいよに江戸時代の味に近づけます。

洋野町大野の旧家晴山家で見つかった南部杜氏秘伝書による國光正宗は南部美人の協力で2021年6月に奇跡的によみがえりました。
秘伝書の配合と江戸時代の造り方をできるだけ忠実に再現した國光正宗は多くの取材や専門家の高評価を受け、まさに日本酒の歴史的再現となりました。
これまで
第1回目 2021年 南部美人の水と十和田の自然栽培の亀の尾で仕込み完成。
第2回目 2022年 元酒蔵 旧晴山吉三郎商店にある江戸時代からの井戸水と十和田の亀の尾での仕込み完成予定。
國光正宗をイメージしたオリジナル酒器をつくるプロジェクトもスタート。

これから
第3回目は國光正宗を仕込んだであろう江戸時代の米の品種で仕込みます。
2020年1月、プロジェクトが決まった時、南部美人久慈社長が「せっかく造るのなら江戸時代の米を使いとことん当時の味を再現しよう!」となりさっそく米探しがはじまりました。
亀の尾の生産者で十和田の自然栽培研究者(小林茂好さん)が専門家と調べたところ現在でも手に入る種は藩政時代主流で最後まで宮城県に残っていたが今では耐えてしまった豊後(ぶんご)を見つけました。豊後は宮城県の登録品種としてつくば市にある農研機構遺伝資源研究センターに保存されていることがわかりました。

本来であれば農研機構遺伝資源センターから出すことが出来なかった種がちょうどプロジェクトに合わせたように法律が変わり登録地にのみだすことが可能になりました。小林さんは宮城県古川農業試験場に協力をお願いし農研機構遺伝資源研究センターから宮城県を通して特別に分けてもらうことに成功しました。

2020年2月、江戸時代の復刻酒國光正宗を造るためだけに許可された種はわずか20g約800粒。品種改良していない本当に貴重なお米です。
2020年5月に20gを苗にすることに成功しました(写真)。特別に分けていただいた種は失敗も盗難も許されません。
なぜなら2度目のお願いはできません。私たちプロジェクトメンバーにも内緒の場所で小林さんは全身全霊を込めて育て、2020年秋には20gから4キロが収穫でき、2年かけて増やしていきました。

  江戸時代主流だった豊後。わずか20gを苗にすることに成功 
7年間冷蔵保存されてた種を無事苗に・・・。品種改良していない豊後は背丈がバラバラ。
  豊後は17~20世紀の長年にわたって普及している。豊後はまさしく藩政期の知られざる大品種ではなかったかと思われる。「東北の稲研究」東北農業試験場稲作研究100年事業会(抜粋)
東北の冷害を生き抜き民衆の楽しみでもある酒をも造ったであろう豊後。
歴史小説の酒を飲むシーンは國光正宗を片手にリアリティをもって楽しめるのでは。

2022年春、十和田で3回目の田植えイベントは(十和田奥入瀬観光機構主催)。
すべて復活米の苗で行い、歴史ロマン創りに共感する人や自然にふれあいたい親子と共に田植えイベントを楽しみました。
2021年10月 十和田で亀の尾稲刈り体験
そしてこうありたい・・・
元々は國光正宗を造った180年近い土蔵を守りたいと始まった酒造り。
たくさんの方々の応援とチャレンジが実りプロジェクトスタートから3年の時をかけていよいよ南部杜氏の秘伝の日本酒が再現されます。
國光正宗は江戸時代の復刻酒というだけではなく南部杜氏の知恵と確かな技術、食文化、それにまつわる工芸品、地域の歴史の掘り起こし、そして地域の誇りを創りだすプロジェクトとして位置付けていきたいと思います。

                         國光正宗製造元 南部美人
                 南部杜氏秘伝書江戸時代復活酒プロジェクト 
                            2022.春

カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 発送のみ

 


楽天ID決済

ページトップへ